WordPressでマッチングサイト構築!PremiumPressのMicrojobテーマ、メンバーシップ基本設定

クラウドソーシングサイト構築

WordPressでマッチングサイトを構築したい!と思った時に試したPREMIUMPRESSという海外製テーマ会社のMicro jobテーマについて、構築方法を解説しています。

今回はメンバーシップの基本設定を解説しています!

PREMIUMPRESSのMicrojobテーマを利用したWordPressマッチングサイト構築方法全工程を解説しています!

その他の手順をご覧になりたい方はPREMIUMPRESSでマッチングサイト構築解説目次をご覧ください!

メンバーシップとは?

出品・購入をする為に会員になってもらう事をメンバーシップと呼びます。このメンバーシップは何種類も作る事が出来、メンバーによって出来る事を制限できる機能があります。

PREMIUMPRESSの【メンバーシップ】で設定をします。

メンバーシップ設定

最初にメンバーシップの設定をします。

  • メンバーシップを有効にするー会員登録機能を使わない場合だけOFFにします。
  • メンバーシップを強制するー会員登録をしないとサイトの機能を利用出来ないように制御する事が出来ます。
  • 可能時間ーメンバーシップの残り期間を新しく購入する場合にONにします。
  • 無料会員ー会員になった方にデフォルトでとの会員へ登録させるか設定をしておくことが出来ます。

メンバーシップ作成

その下のメンバークラスという箇所でメンバーシップを作成していきます。

【追加会員】という箇所から好きなだけメンバーシップの種類を追加する事が可能です。

メンバーシップ料金設定

まずはメンバーシップの名前・料金などを設定していきます。

パッケージを有効化

有効化になっているものだけ、ユーザーが登録出来ます。

名前

パッケージの名前を決めます

カスタム表示機能

カスタム表示機能がついているので、デフォルトの機能だけではなくオリジナルのテキストをメンバーシップ一覧ページで出力する事が出来ます。

メンバーシップページではこのように表示されます。

注目させる

その名の通り、特定のパッケージを目立つようにする事が出来ます。

説明

説明はこの箇所に出力されます。

料金設定

ここではパッケージの料金を設定します。

  • 金額
  • 期間ー1回払い切であれば0を入力します。
  • 自動更新払いー設定した期間が終わったら会員が終了になるのではなく、自動更新される機能です。

管理者承認

ユーザーがサイトより会員登録をしても、管理者側がWordPressダッシュボードから承認へステータスを変えないと正式に登録されない仕組みです。

こちらはWordPressダッシュボードのPREMIUMPRESS【ユーザー】へいき、ユーザーの編集画面を表示させたものです。

管理者は手動で会員の状況を変更できます。

ユーザー登録をした後に本人確認が必要なビジネスをされている方などがこの仕組みを使っています。

1.ユーザー登録後の自動返信メールで本人確認書類の提出をご案内
2.本人確認書類の確認が出来たら管理者が手動で承認

という流れにになります。

アートディレクターを購入

この場所がOFFになっていると、現在のメンバーシップを再度契約できない仕組みになっています。

メンバーシップの権限設定

PremiumPressでは、様々なメンバーシップに対して権限を細かく分ける事が出来ます。

2021年6月現在、これだけの権限を細かく設定する事が出来るようになっています。

メンバーシップリストでの非表示設定

まずはとても簡単な個所の説明からスタートします。【非表示】という箇所があります。

非表示にした項目がメンバーシップの詳細で表示されなくなるという事です。

通常は

%sページを表示

出品サービス詳細を閲覧する権限です。OFFにすると、出品サービスをクリックして詳細を閲覧しよう取るとログインを求められます。

%sというのはジョブが紐づいてシステムから自動出力される箇所です。

ReadジョブDescriptions

先ほどの%sページを表示を有効にして、RreadジョブDescriptionsを無効にすると、サービスページはアクセス出来るようになりましたが、詳細は会員にならないと閲覧できないようになります。

%sの写真を見る

  • サービスページの閲覧許可
  • サービス詳細文閲覧許可
  • %sの写真を見る閲覧不可

にすると、観写真をクリックするとメンバーログインを求められます。

無料ジョブ信用

メンバーシップの会員になった時、無料でサービスを出品できる権限を与えるものです。

サービスの出品に関して、例えばですが無料会員の方は月に3商品まで出品可能、スタンダード会員は月5商品まで出品可能等、会員登録をするメンバーシップとは別に、出品に関してもサブクス等の料金設定を行う事が出来ます。

Maxジョブ信用

無料で出品登録するサービスの数を制限する為の機能です。

No Third-party Ads

PremiumPressテーマには、広告を貼る為の機能が備わっているので、広告を出したい方から料金を徴収して掲載する事か可能です。

この広告を非表示にする設定です。”youtubeプレミアムは広告出ませんよ”みたいなイメージです。

ビジターチャート

訪問者の数をマイページから確認できる機能です。

Send Message

こちらの機能をOFFにすると、会員しかプライベートチャットを送れないという仕組みが作れます。

Send Messsage Limit

送信できるメッセージの数を制限できます。

Rread Message

メッセージを読む機能をOFFにします。

コンテンツ制限のメッセージ

会員限定コンテンツで会員でない方が閲覧した時に表示させるテキストをこちらで設定できます。

「会員限定コンテンツとなっています。会員登録をお願いします。」と仮にテキストを入れました。

例えばですが、各メンバーシップの最後にこのショートコードを利用するとその会員限定のコンテンツを出力できますというサンプルがついています。

実際に固定ページに入れてみました。

会員の場合

非会員の場合

それぞれの作成したメンバーシップごとにショートコードが異なるので、メンバーシップごとに限定コンテンツを見せる事が出来る仕組みになっています。

メンバーシップ登録方法

固定ページに自動生成されたメンバーシップページまたは、ユーザーダッシュボードでメンバーシップの種類を変更可能です。

メール認証設定

こちらはダッシュボードのPREMIUMPRESSの【設定】>【登録】の中の

メール検証を強制する

スイッチがONになっている場合、登録時にメールアドレスが本人か確認をする為の検証メールが送信されます。

メンバーシップページ

初期で固定ページのタイトルが【Membership】になっているページに以下の情報が自動出力されています。

ユーザーダッシュボード

ユーザーダッシュボードは【アップ】の箇所からメンバーシップの種類を変更できます。

支払い完了後はコールバックページ

新しいメンバーシップの支払いが完了するとコールバックページ(固定ページ【callback】で自動生成されています)が出力されます。

請求書の表示

請求書も表示できます。

ユーザー登録関係のメール

ユーザー登録をすると自動でメールが発行されます。

ダッシュボードPREMIUMPRESSの【メールアドレス】>【システムメール】の箇所です

ユーザー宛通知メール

  • 確認メールアドレスーメール検証機能をONにしている場合に送られます
  • 新しいユーザー登録ーユーザー登録の通知メールです
  • 新規注文ーメンバーシップで支払いが完了した事を通知するメールです。この箇所はメンバーシップだけではなく、サービスを購入したりコールバックページが表示される動作に対して自動送信されるものとなっています。

管理者宛メール通知

  • 新しいユーザー登録ーユーザー登録の通知メールです
  • 新規注文ーメンバーシップの支払いが完了した事を知らせる通知メールです。

2種類のメールが送られます。

このように、ユーザーがメンバーシップに登録をしたり、メンバーシップのグレードを簡単に変更する事が可能です。

メンバーシップの権限を理解するところが少し難しいかもしれません。
権限を変えてみて、どこの表示が変わったのかなどを実際に色々と試してみると良いと思います!

PREMIUMPRESSのMicrojobテーマを利用したWordPressマッチングサイト構築方法全工程を解説しています!

その他の手順をご覧になりたい方はPREMIUMPRESSでマッチングサイト構築解説目次をご覧ください!

HanamiWEBでは、WEBに関する事、WordPressに関する事、色々な相談をLINE公式で受け付けております!お気軽にメッセージをお送りください!

タイトルとURLをコピーしました