wordpress予約システムプラグインamelia有料版支払い設定を動画解説!

payment予約システムプラグイン

wordpress予約システムプラグインamelia(amelia公式サイトへリンクしています)有料版で、支払い設定方法を動画解説しています。

他の解説をご覧になりたい方は、wordpress予約システムプラグインamelia解説目次をご覧ください

wordpress予約システムプラグインamelia有料版支払い設定を動画解説!

【amelia設定⑤】支払い設定|wordrpess予約管理システムプラグインAmelia有料ver

他の解説をご覧になりたい方は、wordpress予約システムプラグインamelia解説目次をご覧ください

支払い設定方法(図解)

それでは、wordpress予約システムプラグインamelia有料版での支払い設定方法を図解していきます!

  • オンサイト(予約時に決済を行わない)
  • wooCommerce(今回は解説しておりません)
  • Paypal
  • Stripe
  • クーポン

の設定を行う事が出来ます。

サービスやイベント価格0を設定すると、価格欄は予約時に表示されなくなります。

サイト上で決済を行うには、SSL化は必須となります。

【Amelia】>【設定】

wordpress予約システムプラグインamelia有料版の支払い設定方法を
Amelia【設定】

【支払いの設定を表示】をクリックします。

wordpress予約システムプラグインamelia有料版の支払い設定方法を
Amelia【設定】
wordpress予約システムプラグインamelia有料版の支払い設定方法を
Amelia【設定】>【支払い】

それでは解説を始めます!

Japanese Yenを選択します。

wordpress予約システムプラグインamelia有料版の支払い設定方法を
Amelia【設定】>【支払い】

価格のシンボル

  • スペース 前
  • 後ろ
  • スペース 後

価格は¥マークで表示されれる為、前または前スペースを選びます。
前 スペースというのは¥ 5,000という風に、¥と価格の間にスペースを入れたい場合に指定をします。

wordpress予約システムプラグインamelia有料版の支払い設定方法を
Amelia【設定】>【支払い】

価格セパレータ

価格の表示形式を選ぶ事が出来ます。

海外製プラグインなので、価格の表示を日本に合わせる事がとても難しいです。スペースカンマがおすすめです。

wordpress予約システムプラグインamelia有料版の支払い設定方法を
Amelia【設定】>【支払い】

価格の小数点区切り

日本円の場合は小数点区切りという概念はない為、0で設定を行わないと、paypalやstripeの決済の時に不具合が生じます。

wordpress予約システムプラグインamelia有料版の支払い設定方法
Amelia【設定】>【支払い】

デフォルトの支払い方法

複数の支払い方法を設定している場合、予約時に初期値として選択されている支払い方法を選びます。

wordpress予約システムプラグインamelia有料版の支払い設定方法
Amelia【設定】>【支払い】

クーポン

クーポンを有効にすると、クーポン設定を行う事が出来ます。

クーポンの詳細は【Amelia】>【会計】>【クーポン】で設定をします。

wordpress予約システムプラグインamelia有料版の支払い設定方法
Amelia【設定】>【支払い】

オンサイト

お客様は予約時には決済を行わず、現地決済はその後のメールのやりとりで別の決済方法をご案内する事が出来ます。

wordpress予約システムプラグインamelia有料版の支払い設定方法
Amelia【設定】>【支払い】

PayPal

PayPalで決済を行う事が出来ます。PyaPalはビジネスアカウントの登録(無料)が必須となります。月会費無料で、決済に対する手数料のみとなります。

PayPalビジネスアカウント開設はこちら

wordpress予約システムプラグインamelia有料版の支払い設定方法paypal
Amelia【設定】>【支払い】

テスト環境の設定

【サンドモックスモード】を有効にするとテスト用クライアントIDとテストシークレット入力欄が出ます。

paypalテスト用サンドモックスモード設定
Amelia【設定】>【支払い】

【paypal管理画面】テスト用app作成

My Account - PayPal Developer

へアクセスします。ダッシュボード内の【Create app】をクリックします。

paypalテスト用サンドモックスモード設定
Paypal

【paypal管理画面】App Name登録

App Nameに好き名まえを登録し【Create App】をクリックします。

paypalテスト用サンドモックスモード設定
Paypal

【paypal管理画面】クライアントIDとシークレットキーが発行される

Cliane IDをクライアントIDに、Secretの下にあるHideをクリックするとシークレットキーが表示されるので、テストシークレットへ入力します。

テスト用の設定となります。実際に決済画面へ進み、支払いボタンを押すという流れまでのテストを行えます。

paypalテスト用サンドモックスモード設定
Paypal
paypalテスト用サンドモックスモード設定
Amelia【設定】>【支払い】

本場用live app作成

サンドモックスモードを無効化にします。本番決済用にライブクライアントIDとLiveシークレットを入力する欄が出てきます。

paypalテスト用サンドモックスモード設定
Amelia【設定】>【支払い】

【paypal管理画面】Liveへ切り替え

先ほどのテスト用と同様のページで、Sandboxではなく【live】をクリックして【Create App】をクリックします。

Paypal

【paypal管理画面】本番用App作成

App Nameに好きな名前を入力して【Create App】をクリックします。

Paypal

【paypal管理画面】本番用クライアントIDとシークレットキーの確認

Client IDをクライアントIDに、Secretをシークレットーキーへ入力します。

Paypal
Amelia【設定】>【支払い】

PayPalで決済を行えない不具合が発生しました。原因はBackWPupとの相性が悪かった事です。バックアッププラグインはUpdraftPlusへ変更する事で不具合可決へ至りました。BackWPupを使っている方でエラーが出た場合、プラグインを停止して再試行してみてください!

UpdraftPlus

Stripe

Stripeを使ってクレジット決済を行う事が出来ます。

Stripeを有効化します。

Stripeアカウント開設はこちらから

StripeでAPIキーを使う為には、アカウントを有効化する必要があります。詳細は

https://pr-site.biz/support/manual4/advanced-gb/1607
がとても参考になります!

wordpress予約システムプラグインamelia有料版の支払い設定方法
Amelia【設定】>【支払い】

テスト用キーの設定

テストモードを有効化にします。

  • テスト用公開キー
  • テストシークレットキー

をStripeの管理画面で確認をします。

Amelia【設定】>【支払い】

【Stripe管理画面】でテストモードを有効化

【テストデータを表示】を有効化します。

Stripe

【Stripe管理画面】APIキーを確認

APIキーをクリックします。

Stripe

【Stripe管理画面】キーの確認

  • 公開可能キー ⇒ テスト用公開キー
  • シークレットキー ⇒ テストシークレットキー

この2つをコピーして貼り付けます。
シークレットキーに関しては、【テスト用キーを表示】をクリックして、再度パスワードを入力すると出力されます。

Stripe【開発者】>【APIキー】
Amelia【設定】>【支払い】

本番キーを設定

本番で決済が行えるように本番用のキーを確認します。【テストモード】を無効化にすると

  • Live公開キー
  • Live秘密キー

入力欄が出てきます。

Amelia【設定】>【支払い】

【Stripe管理画面】本番へ切り替える

テストデータの表示中を無効化にします。

Stripe【開発者】>【APIキー】

【Stripe管理画面】キーの確認

  • 公開可能キー ⇒ Line公開キー
  • シークレットキー ⇒ Live秘密キー

を確認して、Ameliaの設定項目へ入力します。

Stripe【開発者】>【APIキー】

Amelia【設定】>【支払い】

以上で決済の設定はおしまいです。基本設定でした支払い方法は、個別のサービスやイベントでどの決済を使うか選択する事も可能です。

Stripeではエラー報告がほとんどなく現在はスムーズに決済が行われるようになっているみたいです。もしもエラーが出た場合は、設定したキーが間違えていないか再確認をしたり、低価格の金額設定になっていないか確認をしてください。Stripeで可能な最小決済金額は50円と言われています。

他の解説をご覧になりたい方は、wordpress予約システムプラグインamelia解説目次をご覧ください

2021.06追加 メタデータ設定追加

決済の設定箇所に【Set MetaData and Description】という項目が追加されました。

ここに情報をセットする事で、PaypalやStripeダッシュボードへ予約者の情報を表示される事が出来るようになっています。

Amelia【設定』>【支払い】

Stripeを利用して支払いが行われると、Stripeの支払いリストへ入ってきます。その詳細部分に追加した項目が並びます。

Stripe【支払い】>【顧客情報詳細ページ】

さらにその下のDescriptionを入れると

Amelia【設定』>【支払い】

支払いの説明を変える事が出来ます。私の場合

お客様名:メールアドレス

が説明の箇所へ表示されるようにしました。

Stripe【支払い】
タイトルとURLをコピーしました