zoom Integration Server-to-Server OAuth設定

HanamiWEBオンラインスクールでは

●バーチャル自習室でのリアルタイム質問!

●チャットで質問し放題!

●24時間学び放題のEラーニング教材!

全部ついて 2,500円/月!

wordpress予約システムプラグインamelia(amelia公式サイトへリンクしています)有料版で、zoomアプリ連動方法を動画解説しています。

2023年9月にzoomが旧接続方式であったJWT APIが廃止となりました。
そのため、こちらで解説をするServer to Server OAuth設定での接続が必要となっています。



まずはZoom App Marketplaceへアクセスします。

【Sign In】します

予約管理システムでgoogleカレンダーAPIを設定して、予約を同期

zoomアプリのBuldを行う

【Develop】>【Build App】をクリックします。

予約管理システムからzoomオンライン会議室自動発行

Server-to-Server OAuthから設定をしていきます

Server-to-Server OAuthのCreateをクリックします。

APP Name(好きな文字列で大丈夫です)を設定して、Createボタンをクリックします。

  • Account ID
  • Clinent ID
  • Client secret

が発行されます。

Amelia設定画面へ移動

  • Amelia
  • 設定
  • Integration
  • zoom

の設定画面に以下の必要事項を入力します。

  • Account ID
  • Client ID
  • Client secret

zoom APP Marketplaceへ戻りInformationを入力

Informationの項目で、

  • Company Name
  • Name
  • Email addres

を入力します。

Zoom app MarketplaceのScope設定

Featureは設定しなくて大丈夫です。次に、Scopeを設定します。

  • View all user meetings
  • View and manage all user meetings
  • View all user information
  • View users information and manage users

を選択します。4つともScopeを選択しないとエラーでzoomURLが自動発行されなかったです。

最後に有効化

最後に、Activationを行い設定完了です。

Meeting Title

ミーティングのタイトルを設定する事が出来ます。【通知】の中にある【メールプレースホルダー】から選択して設定が出来ます。

Meeting Agenda

予約の詳細の事です。こちらも【通知】の中にある【メールプレースホルダー】から選択して設定をします。

予約管理システムからzoomオンライン会議室自動発行

Create Meeting For Pending Appotintments

保留中の予約についても会議URLを発行するかの設定です。

予約管理システムからzoomオンライン会議室自動発行

以上でzoomアプリとの同期は終了です。

ホームページのリスキリングはお任せください!

2019年よりWordPressやホームページに関するスキルシェアを行ってきました。事例やノウハウが蓄積され、スピーディーかつ的確にお悩みを解決へと導く事を得意としています。ホームページに関するお悩みがございましたら、LINE公式アカウントよりお気軽にご相談ください!

↑クリックするとLINE公式が開きます

新着記事

(解決済)WordPressから送信されるGmail宛のメールだけ送られない【ロリポップ】
WordPress予約システムAmeliaのパッケージ(回数券)設定を解説
zoom Integration Server-to-Server OAuth設定
WordPressセキュリティ強化プラグインAll in one WP Secyrity~ログインURLを隠す設定を解説
WP Rocket - WordPress Caching Plugin
ja日本語