Xサーバー独自の表示速度改善機能XPage Speed

HanamiWEBオンラインスクールでは

●バーチャル自習室でのリアルタイム質問!

●チャットで質問し放題!

●24時間学び放題のEラーニング教材!

全部ついて 2,500円/月!

xserverではサイトの表示速度を改善する為にXPageSpeed機能がリリースされました。

  • 画像最適化
  • 画像遅延読み込み
  • CSS最適化
  • CSS遅延読み込み
  • JavaScript最適化
  • JavaScript遅延読み込み

この6種類の機能をサーバー上で設定できます。

Xserverで表示速度を改善

Xserverのサーバーパネルでサイト表示速度の改善を行う事が出来ます。

サーバーパネル内にあるXPageSpeedという項目でON / OFFの設定が出来ます。デフォルトでOFFになっていました。

XPage Speed機能を使っていない場合

まずはXPage Speed機能をONにする前の測定結果です。

GoogleのPage Speed Insightでは

PCのPage Speed Insight結果

モバイルのPage Speed Insight結果

GTmetrixでの結果

XPage Speed設定を全てON

機能をすべてON にすると、サイトのデザインが崩れたるする場合もありますので、ONにした後は必ず全ページのレイアウトを確認してください。

GoogleのPage Speed Insight

Page Speed InsightのPC

Page Speed Insightのモバイル

GTmetrixの結果

Aに変わりました。最初の読み込みが1.3sという評価なので、まずまずだと思います。

かなり早くなりました!

今までWP Rocketの有料版を使って表示速度を改善してきましたが、XSpeed Insightは無料でここまで改善できるのでとても良いと思います。

WordPressプラグインを使うと、データベースの方も軽量化できるのですが、十分の結果だと思います!

弊社で契約するサーバーの9割はXserverです。サポート対応もとても丁寧で、本当におススメのサーバーです!

ホームページのリスキリングはお任せください!

2019年よりWordPressやホームページに関するスキルシェアを行ってきました。事例やノウハウが蓄積され、スピーディーかつ的確にお悩みを解決へと導く事を得意としています。ホームページに関するお悩みがございましたら、LINE公式アカウントよりお気軽にご相談ください!

↑クリックするとLINE公式が開きます

新着記事

(解決済)WordPressから送信されるGmail宛のメールだけ送られない【ロリポップ】
WordPress予約システムAmeliaのパッケージ(回数券)設定を解説
zoom Integration Server-to-Server OAuth設定
WordPressセキュリティ強化プラグインAll in one WP Secyrity~ログインURLを隠す設定を解説
WP Rocket - WordPress Caching Plugin
ja日本語