WordPressでマッチングサイト構築!PremiumPressのMicrojobテーマ・出品基本設定を解説

クラウドソーシングサイト構築

WordPressでマッチングサイト構築が出来るPREMIUMPRESSのMicrojobテーマの設定方法を解説しています。

今回は、ユーザーが出品する為の基本設定を解説します。

PREMIUMPRESSのMicrojobテーマを利用したWordPressマッチングサイト構築方法全工程を解説しています!

その他の手順をご覧になりたい方はPREMIUMPRESSでマッチングサイト構築解説目次をご覧ください!

ジョブ設定とは?

ジョブとは原文がJobと表現されていて、出品するサービスの事を意味しています。

ジョブ設定はPREMIUMPRESSの【ジョブ設定】で行います。

をジョブズ

意味の分からない翻訳ですが、ユーザーが出品する事を許可するかという設定になります。

運営者側だけがWordPressダッシュボードから出品したいのであればこの機能はOFFにする事で、ユーザーは購入だけが出来る仕組みとなります。

OFFにすると、マイページから出品をする項目が無くなります。以下はONのスクリーンショットを貼り付けています。

以下はOFFの場合。出品する機能が使えなくなっています。

管理者のみモード

管理者のみサービスを出品できるモードです。

いくつ?

ユーザーが出品できる数を制限します。選択できるのは

  • 1つだけ
  • 無制限

どちらかになります。

管理者承認

こちらは、出品サービスを本公開する前に管理者の承認が必要にする設定です。

ONにすると、ユーザーが出品内容を編集する度に管理者の承諾が必要となります。

PREMIUMPRESSのジョブスの中に出品中サービス一覧が入っているのですが、編集で出品中サービスの詳細ページへアクセスをして、管理者は毎回サービスを承諾する必要があります。

売り手のみ

ユーザーのダッシュボードで会員(書いて)or出品者か選択する箇所があります。

この設定が出品者になっている人だけが出品できる仕組みを作りたい時にONにします。

登録したら誰でも購入&出品が出来る流れの方はOFFにしてください。

出品者のみをONにすると、出品者設定になっているユーザーのダッシュボードのみこのようにジョブの箇所が表示されます。

パッケージの作成

出品パッケージの設定は細かいので、別記事で詳細を解説しています。

ジョブページの設定

次に、サービスを出品する際の出品画面の設定を行います。

(Add listing)ユーザー出品ページ

ユーザーはこのようなadd listingページからサービスを出品します。このページを制御する設定がジョブページの設定です。

画像が投稿

サービス出品ページに画像登録項目を表示させるかの設定です

画像必須

上記で設定した画像項目を必須項目にするかの設定になります。

Maxタイトルの長さ

タイトルに入れられるテキストの最大値を入力します。

例えば100文字以下に設定を下ければ【100】と設定します。

説明文の長さ

そのしたのこのGigという箇所に最低何文字以上テキストを入力してもらうか設定をする箇所です。

カスタムフィールド

出品サービス登録時にカスタムフィールドを追加する事が出来ます。

【フィールド追加】でカスタムフィールド1という名前で追加をしました。虫眼鏡マークで展開をして詳細設定を行います。

表示名・説明文

  • テキストの表示ーカスタムフィールドの表示名を決めます
  • へテキスト内容ー表示名の下に簡単な説明を追加する事が出来ます。
  • カテゴリーを表示
  • フィールドタイプーInput Field(1行の入力項目)/Text Area(複数行のテキスト入力欄)/Check box/Radio botton/Selection(リストタイプの選択項目)/Taxonomy(タクソノミーとの紐づけ)/Data(日付入力)/Display Caption(入力なしの表示だけの項目)
  • データベースキーーデータベースと紐づくので特に変更しなくて大丈夫です
  • 必須フィールドー必須項目にする場合はチェック
  • 編集のみー編集する事だけの権限

実際に出品ページでは以下のように表示されます。

Input Field

Text Area

Select box

このように設定をすると

下記のように表示されます。複数選択可能

Radio Button

1つのみ選択可能な選択肢となります。

Selection

ドロップダウン式の選択肢となります。

Taxonomy

タクソノミーの理解は少し難しいです。

タクソノミーを選択すると、ジョブに入っているカテゴリー選択項目が表示されるので、どのカテゴリーを表示させるか選択します。

例えば自分で作成したtest1というタクソノミーを選択します。

Jobの中のtest1タクソノミーには現在2種類のカテゴリーが入っています。

このように、カテゴリーを選択する事が出来るようになります。

タクソノミーを利用するメリットは、タクソノミーで検索のソートが行えるという事です。決まったタクソノミーから選択をしてもらう事で、出品サービスを探しやすい仕組み作りが出来ます。

オリジナルタクソノミー設定

PREMIUMPRESSの【設定】>【Taxonomy】で作成したオリジナルタクソノミーが紐づきます。

作成をしたタクソノミーはサービス出品ページの右側に表示されます。

作成するタクソノミーの名前によって、この左側の項目に追加したタクソノミーが表示されない事がありました。

今まで表示されなかったワードは【test】【type】です。

タクソノミーを追加して、タクソノミーにカテゴリーも追加したにもかかわらず、右側の項目に出力されていない場合は、名前を変えてみてください。

右のサイドメニューにタクソノミーとCategoriesがデフォルトで表示されているのですが、現在設定しているカスタムフィールドの箇所で【taxonomy】>【デフォルトのCategoriesやオリジナルタクソノミー】を設定すると、右サイトメニューの表示は無くなり、詳細の箇所へ移動されます。

Data

日付選択フィールドになります。

Display Caption

ユーザーが入力をしたり選択する項目ではなく、運営者側からテキストを出力する箇所として利用する事が出来ます。

メディアの設定

サービス出品時の画像や動画の設定を解説します。

農作物動画

ONにするとこのようなサービス出品ページで画像を選択して登録する事が出来るようになります。

非表示画像

画像を複数登録しいる時に、最初の画像をギャラリーから非表示にする設定になります。

ビデオのアップロード

  • User-mp4ファイルでのファイルをアップロードする形式
  • youtube-youtubeURLを入力
  • Vimeo-VimeoURLを入力

3種類から選べます。

ビデオの自動生成

ビデオが入っている場合の自動再生設定になります。

代替画像

画像が設定されていない時の代替設定画像になります。

推奨サイズは1024px X 748px

手数料設定

こちらの項目で手数料の設定を行います。

  • 定額

どちらからか選べます。この手数料は、出品サービスが売れた時に運営者側の利益となるものです。

例えば
10%の手数料を設定していて、1,000円のサービスを売れた場合

運営者⇒100円
出品者⇒900円

が収益となります。

運営者側はこれとは別にPaypalまたはStripeへ3.6%の手数料がかかる事に注意をしてください。

また、手数料を請求書へ記載するかの設定がその下の【手数料請求書】となります。

リストステータス一括変更

こちらは具体的にどのような時に使うのかまだ分かっていません。

PREMIUMPRESSのMicrojobテーマを利用したWordPressマッチングサイト構築方法全工程を解説しています!

その他の手順をご覧になりたい方はPREMIUMPRESSでマッチングサイト構築解説目次をご覧ください!

HanamiWEBでは、WEBに関する事、WordPressに関する事、色々な相談をLINE公式で受け付けております!お気軽にメッセージをお送りください!

タイトルとURLをコピーしました