wordpressをAMP対応するプラグインの正式版が公開!アップデートは慎重に!

wordpress AMPプラグイン正式v1.0 ダウンロードseo対策とは

SEO対策の1つして行っておきたい対策にAMP対応があります。

google search consoleもAMPに対応しているかという項目が少し前から追加されており、googleがサイトのモバイル対応を重要視している点からも、AMPに対応しているサイトの方が有利だと言えるでしょう。

そんなAMPですが、wordpressではプラグイン1つでAMP化が可能になっています。

先日、海外SEO情報ブログさんでWordPressをAMP対応するプラグインの正式版 v1.0 が公開。統一されたデザインと機能のAMPページを実現という記事を拝見し、早速hanami-webのホームページもAMPプラグイン正式版x1.0を導入しました。

以前よりAMPプラグインを利用していたいのですが、AMP Classicというモバイルサイトとデザインのかけ離れたAMPサイトが出来上がっていました。AMP プラグイン正式版1.0ではAMP Pairedというモバイルサイトと同じデザインでのAMP化を実現する事が出来るようになりました。

wordpress AMPプラグイン正式1.0

それでは、wordpress AMPプラグインインストール手順を紹介します。

wordpress AMPプラグイン正式v1.0

wordpress AMP プラグイン ダウンロートページよりダウンロードします。
リン先のページより【ダウンロード】ボタンをクリックします。
自動でダウンロードが始まり、画面左下にダウンロードファイルが表示されると思います。(お使いのブラウザなどによっては異なるかもしれませんん。)

wordpress AMPプラグイン正式v1.0 ダウンロード

wordpressにAMPプラグイン正式v1.0をインストールします

wordpressプラグイン新規追加画面を表示する

wordpressのダッシュボードを表示します。
左サイドバー【プラグイン】>【新規追加】をクリックします。
wordpress AMPプラグイン正式v1.0 アップロード

AMPプラグイン正式v1.0アップロード

wordpressプラグイン新規追加画面で【プラグインのアップロード】をクリックします。
wordpress AMPプラグイン正式v1.0 アップロード

AMPプラグイン正式1.0vファイルを選択

wordpressプラグインのアップロード画面で先ほどインストールしたファイルを選択します。
zipファイルを選択します。
おそらく、ダウンロードファイルへダウンロードされていると思います。
ファイルの選択が出来たら、【今すぐインストール】をクリックします。
wordpress AMPプラグイン正式v1.0 アップロード

AMPプラグイン正式v1.0有効化

インストールが正常に完了すると下記の画像が表示されます。
【有効化】をクリックするとサイトがAMP対応になります。
wordpress AMPプラグイン正式v1.0 アップロード

AMPプラグイン正式v1.0の設定

プラグインを有効化しただけでは、デフォルトの設定【AMP Classic】のままですので、設定を行います。

AMPプラグイン正式v1.0設定画面表示

AMPプラグインを有効化すると左サイドバーに【AMP】という項目が追加されます。
その中の【General】をクリックします。
wordpress AMPプラグイン正式v1.0設定変更

Template Modeを変更

Template Modeがデフォルトでは【Classic】になっていると思います。
こちらを【Paired】選択へ変えます。
そうすると、ご自身のモバイルページと同じデザインのAMPページが生成される仕組みとなっています。【変更を保存】をクリックして設定完了です。
wordpress AMPプラグイン正式v1.0設定変更

AMPページの確認方法

ご自身のサイトURLに/ampを追加するとAMPページが見れます。
例えば、【女性でも管理しやすいレンタルサーバー厳選3選】ページですが
/website-first/recommand-3rentalserver/
ですが、AMPページのURLは
/website-first/recommand-3rentalserver/amp
となります。

wordpressプラグイン更新は慎重に!!

wordpress AMP プラグインv1.0を導入したのは2018年12月12日ですが、その後search consoleでAMPエラーが出るようになりました。。。

search console リンクされているAMPバージョンが無効ですエラー

1つ前のAMPプラグインのバージョンを使っている時はエラーはな無かったのですが、今回のアップデート後に出るようになりました。

search consoleのエラーは重大なエラーのみ表示される仕組みなので、見逃してはいけない重大エラーという事ですね。。。

今のところ1つ前のバージョンに戻す方法が有効ですね。

新しいSearch Consoleはすべての404をレポートしない、影響を与える可能性があるエラーだけをレポートする【海外SEO情報ブログ】

まとめ

以前まではとりあえずAMPページが作れたら良いという気持ちでこのAMPプラグインを有効化していました。デザインはそのうち自分で変えようかな。。。と
そんな中、AMPプラグインのアップデートでデザインそのままのAMPが生成され、とてもラッキーでした。

ただし、このプラグインは対応していないテーマもあるそうなので注意が必要です。私の場合は無事、デザインも対応したAMPサイトが生成されましたが、まずは試してみる価値はあります。

search consoleでのエラーの件もあり、さらなるアップデートを期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました