Googleタグマネージャーでアカウント作成

HanamiWEBオンラインスクールでは

●バーチャル自習室でのリアルタイム質問!

●チャットで質問し放題!

●24時間学び放題のEラーニング教材!

全部ついて 2,500円/月!

Googleタグマネージャーにアカウントを作成する方法を解説します。

WordPressサイトとGoogleタグマネージャーの接続動画解説

WordPressサイトとGoogleタグマネージャーをGoogle公式プラグインSite Kit by googleを使って接続する方法の動画解説です。

Googleタグマネージャーへログイン

Googleアカウントを持っている事を前提で解説を進めます。

まず、Googleタグマネージャーへログインをします。

アカウントの作成

今回、新しいサイト用のアカウントを作成していきます。右上のアカウントを作成をクリックします。

アカウント名・国選択

まずは、アカウント名を入力します。

コンテナ名入力

コンテナ名にドメインを入力します。ドメインとは、https://hw-lms,onlineの【hw-lms.lnline】の部分です。プラットフォームはウェブを選択します。

利用規約に同意をして、作成をします。

タグをサイトのheaderに設定

<head>上部 または <body>直後に以下のコードを入力します。

WordPressサイトの場合

Google公式のプラグインSite Kit by googleを使うとコードをいじることなく設定をすることが出来ます。

Site Kit by Googleをインストール&有効化すると、アナリティクスとサーチコンソールの接続案内が出てきます。案内に従い接続をするだけでノーコードでアクセス解析とサイトの連携を取る事が出来ます。

Googleタグマネージャーはデフォルトの接続案内では出てこないため、Site Kitの設定へ行き、【ほかのサービスに接続】タブにある「タグマネージャー」のセットアップを進めていきます。

タグマネージャーのセットアップ

googleへログイン

続行

アカウント選択

先ほど作成したアカウントを選択します。

コンテナが自動で入ってきます。設定アカウントに間違いがなければそのまま【確認して続ける】をクリックします。

設定完了!

設定完了

WordPressのプラグインを使うと、コードを修正することなくGoogleタグマネージャーとの連携をする事が出来ます。Googleタグマネージャーだけではなく、アナリティクスとサーチコンソールもノーコードで接続できるのておすすめです!

↑クリックするとLINE公式が開きます

新着記事

訪問者の動きが動画で見れるHotjarのすごい機能
GA4でお問合せページまでの経路を調べる方法
GA4で管理者・関係者のアクセス解析を除外する方法(IPアドレス設定)
【GA4】探索レポートって何?
目次

Amelia

Brizy

HivePress

Paid Membership Pro

Simple Membeships

LearnDash

LifterLMS

Hbook

お悩み解決!
WordPressのお悩みにマンツーマンレッスンで解決

スポットレッスン

自力で解決出来ない時はオンラインレッスンでサクッと解決!

Click→

WordPressのお悩みにオンラインスクールで解決

オンラインスクール

安心してWordPressサイトを運用したい方は着実に疑問を解決!

Click→

WordPressのお悩みに代行で解決

代行依頼

ギブアップ!作業をお願いしたい時は代行依頼ですっきり解決!

Click→

ホームページ制作依頼

3年以上前の状態からホームページをメンテナンスしていない方!まずは一度無料相談をご利用ください。メンテナンスできるホームページを制作します。

Click→

講師依頼

年間約300件の相談実積で得た最新情報とノウハウで、講師としてセミナー開催も可能。WordPressスキルをシェアしています。

Click→