BrizyエディタがSomething went wrongと表示され立ち上がらない

HanamiWEBオンラインスクールでは

●バーチャル自習室でのリアルタイム質問!

●チャットで質問し放題!

●24時間学び放題のEラーニング教材!

全部ついて 2,500円/月!

Brizyエディタを立ち上げようとしたところ、【Something went wrong】と表示され、エディタが立ち上がらない事例がありました。解決したので原因を解説したいと思います。

Somethning went wrongとは

WordPressではまれにSomething webt wrongというエラーが表示される事例が起きるようです。

何かがうまくいきませんでした

というエラーなのですが、かなり漠然としているエラー表示です。

Something went wrongを解消するために試した事

  • プラグインをすべて停止をして、Brizyの無料版だけを有効化
  • テーマをデフォルトのtwenty twenty threeに変更

何も入っていない状況にしたのですが、エラーは改善されませんでした。

ほかのサイトを複製して構築を進めようと思っていたので、一度リセットしました。

  • WordPressアンインストール
  • WordPress新規インストール
  • Brizy無料版プラグインをインストール

この状態でもエラーは解決されませんでした。その他

  • サーバーのセキュリティOFF
  • サーバーのWAF設定OFF

色々と試しましたが、something went wrongのエラーは消えませんでした。

something went wrongの解決方法

Wordfenceのファイヤーウォール機能がエディタの立ち上げをブロックしていました。

一番最初の複製元サイトにwordfenceが入っていた為、wordpressをリセットしてもこの機能が残ってしまっていたようです。wordfenceプラグインをインストールしないと操作が出来ないため

  • wordfenceをインストール
  • メールアドレスを登録し、有効化

この作業をしたら見事にエディタが立ち上がり、エラーは消えました!

今回はwordfenceのファイヤーウォール機能が影響していましたが、サーバーのWAF機能によりエディタが立ち上がらない事がたまにあります。同様のエラーが出た場合は、サーバーのWAF機能をまずはOFFにして試してみてください!

ホームページのリスキリングはお任せください!

2019年よりWordPressやホームページに関するスキルシェアを行ってきました。事例やノウハウが蓄積され、スピーディーかつ的確にお悩みを解決へと導く事を得意としています。ホームページに関するお悩みがございましたら、LINE公式アカウントよりお気軽にご相談ください!

↑クリックするとLINE公式が開きます

新着記事

お手軽な価格でWordPressサイトをセキュリティ保護 All in one Security Premiumを解説
Google Translate API キー発行方法ーTranslatePress WordPressプラグイン
SPF と DKIM と共に有効な DMARC ポリシーを併用してメールの認証設定方法
WordPressにログインできない?
WP Rocket - WordPress Caching Plugin
ja日本語