LMSプラグインLearnDash基本設定

HanamiWEBオンラインスクールでは

●バーチャル自習室でのリアルタイム質問!

●チャットで質問し放題!

●24時間学び放題のEラーニング教材!

全部ついて 2,500円/月!

WordPressでe-ラーニングシステムが構築できるLMS(Learning management system)有料プラグイン、LearnDashの解説をしています。

今回は、最初に行いたい基本設定を解説しています。

デザインとコンテンツ設定

  1. LearnDash LMS
  2. 設定
  3. 一般

で設定を行います。

テンプレート

アクティブテンプレートという箇所があります。

  • Legacy
  • LearnDash 3.0

2種類ありますが、Legacyはver2.6より前のデザインという事で、通常はLearnDash3.0のままで大丈夫です。

色の設定

  • アクセントカラー
  • 進行状況バー
  • 通知・警告

の色を設定します。学習は青というイメージだったので、デフォルトのまま設定を進めます。

フォーカスモード

学習を進める時のコンテンツ幅を設定する事が出来ます。

  • デフォルト960px
  • 狭め768px
  • ワイド1180px
  • エクストラワイド1600px
  • 全幅

から選べます。サイドバーがあった方が分かりやすいと思うので、デフォルト960pxで設定をします。

ログイン・登録フォームカスタマイズ

ONにすると、登録フォームをカスタマイズ出来るようになります。

ロゴ登録

ロゴを登録します。

ビデオレスポンシブ設定

動画教材を提供する時に必須の項目です。デフォルトでONになっていますが、画面幅に合わせて自動リサイズしてくれます。

表示件数設定

1ページに表示させる件数の設定を行います。デフォルトでは1ページに20件で、それ以上になるとページネーションが付きます。

WPプロファイルをONにすると、コース受講状況、テストに関しても表示件数を設定する事が出来るようになります。

管理ユーザー設定

  • コースの自動登録 ー ONにすると、管理者は自動ですべてのコースにアクセス出来るようになります。
  • コース制限のバイパスしています ー ONにすると、スケジュールされたコースでも、管理者は好きな順序でコースを確認できるようになります。
  • レポートに含める ー OFFの場合は、管理者のコースアクティビティを除外します。

ホームページのリスキリングはお任せください!

2019年よりWordPressやホームページに関するスキルシェアを行ってきました。事例やノウハウが蓄積され、スピーディーかつ的確にお悩みを解決へと導く事を得意としています。ホームページに関するお悩みがございましたら、LINE公式アカウントよりお気軽にご相談ください!

↑クリックするとLINE公式が開きます

新着記事

SPF と DKIM と共に有効な DMARC ポリシーを併用してメールの認証設定方法
WordPressにログインできない?
【Hbook】When using Stripe you need to add a Required Country Field in the Details form. エラーの対処法
検索結果にサイト名(会社名)が表示されない
WP Rocket - WordPress Caching Plugin