WordPressでオンラインスクールを開講する・その1

E-ラーニングプラグイン

ノーコードでWordPressサイトが構築出来れば

  • 在宅で稼ぎたいなと思っている方
  • 副業をしたい方
  • WEBデザイナー
  • デザインには自信がないがホームページの構築は出来る方

多くの方が在宅で好きな時間に単価の大きな収入を得る事が出来ます。(実際に、私も完全在宅で3人の子供を育てながらWEB制作をしています)

単価が本業を超える場合も多いかと思います。

ノーコードでWordPressサイトを構築するスキルを身に着ける為のスクールをWordPressで立ち上げようと思ったので、構築手順を備忘録として残しておこうと思います。

他の解説をご覧になりたい方は、EラーニングシステムプラグインLifterLMS解説目次をご覧ください

Learning Management System(LMS)

一般的に、Learning Management System略してLMSと呼ばれ、WordPressのプラグインとしてオンラインスクール構築の仕組みが配布されています。

通常のオンラインサロンと違う点は、講座をコース化する事が出来、進捗状況を確認したり、課題を提出して合格するなど、効率的に受講生がスキルを身に着ける為の仕組みが備わっている点です。

今回使用したLMSプラグインは無料で基本的な機能が備わっているLifter LMS

プラグイン新規追加で【Lifter LMS】と検索をしてプラグインをインストールしました。

テーマは無料版Astra

基本的にはどのテーマでも大丈夫だとは思うのですが、Lifter LMSで推奨していたAstraの無料版で今回は構築する事にしました。

AstraとLifter LMSの統合

AstraとLifter LMSは連携しているテーマなので、Astraのカスタマイズ項目にLifter LMSが出力されていました。

【外観】>【カスタマイズ】

Astraでコンテナ設定

コンテナ つまり、画面幅いっぱいにするのか等の横幅サイズの設定を行います。

カスタマイズの中の【全般】>【コンテナ】へ進みます。

LifterLMSページに関する横幅設定があります。

  1. デフォルト
  2. ボックス
  3. コンテンツのみボックス
  4. 全幅/収める
  5. 全幅/ストレッチ

サイドバー設定

【外観】>【カスタマイズ】>【サイドバー】の箇所で、コースなどにサイドバーを出力するかの設定を行う事が出来ます。

  1. LifterLMS ー チェックアウト、プロフィール、クイズ、コース、メンバーシップ、メンバーシップシングルなどのページのサイドバー
  2. LifterLMSコース/レッスン – シングルコースとシングルレッスンのページのサイドバー

サイドバーの幅も設定可能です

ウィジェット設定

【外観】>【ウィジェット】へ行くと、Lifter LMS独特のページのサイドバーに自由な項目が設定できるようになっています。

Lifter LMSカスタマイズ

【外観】>【カスタマイズ】>【LifterLMS】

コースのカラム数とメンバーシップのカラム数を設定可能です。

サイト全体の色設定

【外観】>【カスタマイズ】>【全般】>【色】

こちらで設定した色が、Lifter LMSの各ページにも反映されます。

サイト全体のフォントスタイル

【外観】>【カスタマイズ】>【全般】>【タイポクラフィ―】

フォントの設定を行います。

こだわらないのでフォントは初期設定のままにしました

備忘録その後

引き続き、コースの作成・レッスン一覧作成・料金プラン設定まで行いました。

他の解説をご覧になりたい方は、EラーニングシステムプラグインLifterLMS解説目次をご覧ください

まとめ

以前、LightningでLifter LMSの動作確認をしたことがあったのですが、提携しているテーマの方がカスタマイズ出来て断然お勧めですね。

引き続き、オンラインスクール立ち上げまでの備忘録を続けていきたいと思っています!

HanamiWEBでは、WEBに関する事、WordPressに関する事、色々な相談をLINE公式で受け付けております!お気軽にメッセージをお送りください!

タイトルとURLをコピーしました