google公式プラグインSite Kite by Googleでgoogle analyticsとsearch consoleを接続してみました!

image-1wordpress

google公式プラグインSite Kit by Googleがあることを知っていますか?

google純正プラグインSitekit

今までwordpressレッスンでgoogle analyticsでアカウント作成⇒wordpressサイトにトラッキングID埋め込み、search consoleにURL登録とご案内してきた事が恥ずかしくなりました。

今後は100%、Site Kitからの接続方法をご紹介します!

Site Kit by Googleとは?

Googleが提供している公式wordpressプラグインになります。ユーザーがサイトを見つけてサイトに訪れるという導線を分析してくれるツールの、導入、管理が簡単にできるようになるプラグインです。

Site Kit by Googleで出来る事

  1. Google Analytics
  2. Search concole
  3. AdSense
  4. Site Insight
  5. タグマネージャー
  6. 最適化

6種類の機能を使う事が出来ます。

1.Google Analytics

皆さんが良く耳にするPV。サイトを運営していると一番気になるPVがわかるのがGoogle Analyticsになります。どのページがどのくらい見られているのか、ユーザーの年代や地域など、実際にサイトに訪れた経由なども知ることができます。

Site Kitでできる事は

  • ダッシュボードからAnalyticsアカウント開設(すでにアカウント開設中の方は既存データに接続)
  • ダッシュボードで統計を確認

2.Search console

Google検索でサイト内の各ページをどのようなキーワードで表示され、順位はどのくらい、何回表示されたのか知る事が出来ます。

Site Kitでできる事は

  • ダッシュボードからSearch consoleアカウント開設(すでにアカウント開設中の方は既存データに接続)
  • ダッシュボードで統計を確認

3.AdSense

Googleが提供をする広告になります。こないたネットショップで見ていたの商品が、サイトを見ている間に広告として表示される経験ありませんか?この広告がAdSenseになります。

Site Kitでできる事は

  • ダッシュボードからAdSense申請
  • ダッシュボードで収益確認

4.PageSpeed Insights

ページの表示スピードなど、サイトのパフォーマンスがどのように評価されているのか知る事が出来ます。

5.タグマネージャー

google analyticsの効果測定タグやリマーケティングタグ、コンバーションタグなど、タグを一元管理する事が出来ます。コードの挿入不要でSite Kitからセットアップが出来ます。

6.最適化

オプティマイズでA / BテストをSite Kitから設定して、ABテストを簡単に行う事が出来ます。

タイトルとURLをコピーしました