wordpress5.5で追加された機能について(2020年8月12日)

image-36wordpress

2020年8月12日にリリースされたwordpress5.5

追加された機能について紹介をしていきます!

wordpress5.5アップデートのテーマは

  • スピード
  • SEO
  • セキュリティ

画像の遅延読み込みで表示速度改善

遅延読み込み (lazy loading)という言葉を聞いたことはありますか?

画像がページの表示速度を遅くしている、画像が重たいと感じたことはありませんか?

今までプラグインを利用して遅延読み込みを行ってきた方もいらっしゃるかもしれませんが、wordrpess5.5からは画像の遅延読み込みは標準機能となりました。

サイトマッププラグインは不要!

今まで、sitemap.xmlを自動出力するためAll in one SEO PackやGoogle Sitemap XMLプラグインを利用してきた方も多いと思います。

wordpress5.5からはXMLサイトマップが標準機能となりました。

サイト公開と同時にXMLサイトマップが自動生成され早くサイトを見つけてもらう事が出来るようになりました。

プラグインとテーマの自動更新機能

wordpressは自動更新しますが、プラグインとテーマは今まで手動で更新をしてきました。

数日するとすぐに更新のお知らせがたまっていたり、しばらくログインをしていなかったらお知らせが10件以上になっていて、一度に更新するのが怖くなってしまったりした事はございませんか?

worpdress5.5からは、ダッシュボードからテーマとプラグインを自動更新するか設定する事が出来るようになりました!

プラグインは【プラグイン】>【インストール済プラグイン】の一覧ページで【自動更新を有効化】出来ます。

テーマについては、【外観】>【テーマ】でテーマ一覧が表示されますが、それぞれのテーマをクリックして詳細画面へ移行した箇所に【自動更新を有効化】リンクがあります。

wordpress5.5テーマの自動更新機能

プレビュー機能にタブレットとスマホ表示が追加

プレビューに

  • デスクトップ
  • タブレット
  • モバイル

3種類の表示が出来るようになりました。今まで実際に公開をしてスマホで表示を確認していた方も、修正しながらサイト表示を確認する事が可能になりました。

プレビュー機能にタブレットとスマホ表示が追加

ブロックエディタから画像のトリミングが簡単!

今では、wordpress上での画像トリミングがうまくできなくて、画像編集ソフトやiloveIMGなどの画像編集ツールを利用してきた方も多いと思います。

画像を入れた後、切り抜きアイコンが増えたのでブロックエディタで切り抜きが出来るようになりました。その他、回転・ズームも可能。

画像の切り抜きと回転がブロックエディタから可能

見出しのフォントサイズが選べるように

見出しでもフォントサイズが選べるようになりました。

テンプレートが簡単利用

ブロックの新規追加をするときにデザインがシックに変わりました。さらに、【パターン】という項目が増え

  • 2個並びのボタン
  • 3個並びのボタン
  • 2カラムテキスト
  • 2カラム画像を含むテキスト
  • 3カラムボタンを含むテキスト
  • 2並びの画像(ギャラリー)
  • 見出しを含む大きなヘッダー画像
  • 見出しとリンクボタンを含む大きなヘッダー
  • 見出しとテキストの段落
  • 引用

がテンプレートパターンとして簡単に利用が出来るようになりました。

まとめ

wordpressのバージョンアップで追加される新機能。特にブロックエディタに追加されれう新機能はいつもワクワクします。

早く使ってみたい!と思われたからは、バックアップを取得してからバージョンアップをしてみてくださいね!

一時的なバックアップにはAll in One WP Migrationがおすすめ。PC上にバックアップデータを保存しておく事が出来ます。

初心者必見!サイトの簡単お引越しプラグインAll in One WP Migrationの使い方|wordrpessオンライン講座

他の解説をご覧になりたい方は、EラーニングシステムプラグインLifterLMS解説目次をご覧ください

タイトルとURLをコピーしました